SBC & ALTAILEスペシャル企画|ミニベロ・軽量折り畳み自転車のESRマグネシア

SBC & ALTAILEスペシャル企画

 

&

 

スペシャル企画

ツール・ド・おきなわ2018 市民210kmクラス チャンピオン

紺野元汰選手(SBC Vertex Racing Team) が ESRの「ALTAILE」で大磯クリテ第1戦、第2戦、第3戦に出走致します!!

 

本特設ページではレースレポート、参戦写真及び「ALTAILE」をご紹介いたします!!

はじめに

 What is ALTAILE?(アルタイルってどんな自転車?)

ESRが最上級を目指して作成したアルミ合金A6069オリジナルチュービングのロードバイクです。有限要素解析や各種試験装置を用いた測定を行い全てのチューブを一から設計いたしました。

ESRのALTAILE特設サイトはこちら!

フレームカラーは2色
アノダイズドブラック※1 シルバー
※1、アノダイズドブラックは塗装ではなくアルミ生地にブラックアルマイト処理を施し通常塗装のシルバーに比べ約100g軽量に仕上がったスペシャル仕様です。

 

大磯クリテリウム

大会特徴:株式会社ウォークライド主催の2018年11月~2019年4月までの冬のシーズンに月1回開催されるクリテリウムレース。通常オフシーズンである時期に、レースの感覚や体力を落としたくないレーサにぴったりなレースで、脚力別カテゴリー制を採用することで、レース初心者のピュアビギナークラスから実業団登録選手レベルが出走するエリートクラスまで幅広い選手が楽しめる大会です。大会サイトこちら

第1戦(2018年11月25日開催)
レース・イベントレポート
第一回大会は早朝のレース走行セミナーの開催からイベントはスタートしました。ピュアビギナークラス向けのライダーズミーティングでは、ヘルメットの正しい着用方法など非常に丁寧な説明がされ、始めてレースに参加される方々に対するレース走行心得などが丁寧に説明されていました。
今回のイベントでは弊社ESRを含めて多数のブースが出店し、レースに参加するだけでなく観戦するだけでも楽しめるイベントになっています。初心者の多いピュアビギナークラスでは慣れていないライダーが多数なので集団走行の力が弱くバラけた印象でしたが、カテゴリーが上がっていくにつれて、高い巡航速度からアタックがかかる度に列が生成されるなどクリテリウム特有のレース展開になっていきました。
そして一番注目された今回の最終レースであるエリートクラスは、国内トップクラスのライダーを含む22人のレース。ほとんどのライダーが、数あるレースやこの大磯クリテリウムで上位成績を残してきた兵ぞろいです。
出走前のライダーズミーティング

ヘルメットの正しいかぶり方から安全に走行する為のライン取りや集団内での走り方などを分かり易く説明してくれます。

レース風景1

約500mの直線コースからのコーナーリング。トップスピードからのコーナーへの進入はブレーキのテクニックなど個々の技術がよく分かるところです。

レース風景2

ビギナークラスになると集団がまとまり速度も速くなります。

 

エリートクラス 1周約1km30周

スタート序盤は様子見ムード。集団が活性化したのは3周目、紺野選手が集団の先頭に出て引き始めたのがきっかけ。コーナー毎の加減速で集団は1列棒状に伸びる。時折集団の速度が緩むとアタックが散発する。そんな中5人が抜け出し、協調してローテーションをする。先頭5人対して第2集団は追走ムードにならず徐々に差が開いてゆく。第2集団に残った紺野選手は先頭集団へのブリッジを狙い時折集団を飛び出す。しかし同調して追走する選手が有力選手であると、脚を緩めて相手を消耗させるなど様子をうかがっている。
先頭との差は約10秒に拡がる中で紺野選手を含む3人が第2集団から飛び出し先頭集団を追撃。およそ2周で先頭集団に合流する。
レースは終盤に差し掛かり8人の集団で勝敗を争う展開となる。ラスト周回を前にSBCの2選手のうち鳥倉選手がアタックをかけ、紺野選手はこの逃げに対しアシスト役に徹し集団に残る。
最終的に逃げは成功して鳥倉選手の独走でのゴールとスプリントで2位に紺野選手とSBC Vertex Racing Teamが1,2フィニッシュとなりました。レース後に紺野選手に聞いた話では仮に鳥倉選手のアタックが失敗して集団に吸収されるようなことが有ればカウンターアタックで逃げるつもりでいたとチームの勝ちに拘った走りに徹したとのことです。

(今回はALTAILEに乗ってレースに参戦してくださった紺野選手とSBC Vertex Racing Teamの活躍を中心としたレースレポートとなりました。)

序盤集団は様子見ムードで集団が横に膨らむ場面も。 散発するアタックの中で5人の逃げが決まる。 先頭への復帰を目指す高岡選手と紺野選手。
およそ10秒差で先行した5人の先頭集団を追撃する3選手。 先頭集団5人に、後から追走合流した3人を加えた計8人の集団でレースは終盤を迎える。 終盤まで8人の集団をコントロールする
SBC Vertex Racing Teamの2選手
1位は一人逃げを決める鳥倉 必勝選手。 そして、2位争いのスプリントを制す紺野選手。 SBC Vertex Racing Teamの1,2フィニッシュです!!

 

紺野選手に聞く「ALTAILE」インプレッション
         

 はじめになぜ今回「ALTAILE」でのレース参加を快諾して頂いたかをたずねてみると、試乗のタイミングで従来のアルミバイクには無い軽さと走行性能の高さを感じたと話してくれました。
クリテリウムなど集団が密集し落車の多いレース形態の中で万が一の落車の際に、カーボンバイクに比べて一発折損等のリスクが少なく、レースが継続できる安心感あり積極的に攻められる。また価格の安さからも気持ちの負担が軽くなるとも評価してくれました。
実際にレースで使用した評価をたずねてみると、アルミのバイクでは難しいBB周りのウィップが良く出ているが、過剰なクイック感が抑えられており全体的に非常に乗り心地が良く仕上げられているとのこと。またリアのかかりの良さが高いことで、瞬時の加速にもバイクが思い通りに反応してくれることはアルミの性能をさらに超えているとも話してくれました。
重量に関してもその軽さを高く評価してくれました。伺うと、クリテリウムではコーナリングからの立ち上がりや、集団内でも加速や減速が激しいレースゆえにバイクが軽いことは使い易さに大きく関係しているとのことでした。
実際に紺野選手に組んで頂いたALTAILEは完成重量で7.18kgと非常に軽く仕上げられており、カスタム次第ではレギュレーションラインの6.8kgにさらに近づけられそうです。

 

紺野選手のクリテリウム使用自転車のご紹介
黒に統一されたパーツにバーテープは紫。見た目から戦闘力の高さを感じさせます。

アッセンブルは全てシマノ デュラエースDi2ですが対応フレームではない為、バッテリーを含むケーブルなどは全て外装されています。

フロントチェーンリングは53Tx39T。 リアスプロケットもクロスレシオのタイプを選択。 外装バッテリー仕様。
ジャンクションAはEW-RS910をハンドルバーエンドにインストール。 ステム下にジャンクションが
無くすっきりとしている。
ホイールはMAVIC COSMIC PRO CABON USTを使用
平地用のハイトの高い定番ホイールです。

今回の使用した自転車のカスタムの詳細などはお気軽にSBCまでお問い合わせください。

SBCは、神奈川県厚木市、藤沢市、平塚市、横浜市、茅ヶ崎市に6店舗を構える自転車専門店です。WEB TOPページこちら

紺野さんが働くSBC 湘南藤沢店のWEBページはこちら

 

今回の企画はSBC様と「ALTAIEL」での出走に快諾してくださった紺野元汰選手の全面協力により実現した
スペシャル企画です。ご協力くださり誠にありがとうございます。

  • Staff
ページの先頭へ