富士ヒルに参加してきました!!|ミニベロ・軽量折り畳み自転車のESRマグネシア

富士ヒルに参加してきました!!

6/11,12日開催されましたMt.富士ヒルクライムに参加してきました。


今回の自転車もHMR-700です。

2014年からMt.富士ヒルクライム4回連続の参加です。
今年はなんと、ついに参加人数が1万人を越えるビッグイベントになりました。
このヒルクライムの人気の秘訣はやっぱり日本一の富士山に登れるというこの一言に限ると思います。

そして、コースは富士スバルラインの24kmと比較的長めな設定ですが、平均斜度5.2%最大斜度7.8といわゆる劇坂は無く
平均完走率が99%という初めての方でも無理なペースで走らなければ完走できる敷居の低さも魅力です。

私事ですが、完走タイムが

2014年(D211カスタム)1時間26分

2015年(P203カスタム)1時間33分

2016年(700Cプロト1号機)1時間44分
と参加毎に完走タイムが下降していました。今年はタイムの回復を目指しHMR-700を投入です。
結果としては2016年比で7分早い1時間37分で完走致しました。前年度比で7分のタイムアップですがやはり
1時間30分の壁を今年も突破することができませんでした。
来年2018年大会には再び1時間30分切りを目標にします!

この大会は申告タイム順のスタートで、自分は1時間30分を完走予想タイムと申告で9000番台のスタートとなりました。
スタート前の整列でだいぶ前のほうに並んだつもりですが既に自分より前にたくさんの人が並んいます。

スタート順が遅くてもタイムの計測はスタートラインから1km走ったスバルライン料金所の手前からなので
各々のペースでスタートで全然問題なくエンデューロの時のスタートの様な密集状態で殺気立った雰囲気ありません。
スタート待ちの時は肌寒い位の気温でも走り始めると汗がダラダラ出て非常に暑かったです。

もう数回参加している大会過去の各ポイントの通過タイムと今回の通過タイムを比較しての遅れを意識しながら走りましたが
遅れを取り戻すことなくゴールとなってしましました。

5合目には既に多くの方々到着しており満員状態。

気温も低いので下山用荷物を受け取り準備をして下山しました。
大会会場では地元名物吉田うどんの振る舞いもあり数多く出展しているブースなども見学して帰宅しました。

 

7月以降参加の大会が未定ですがどんどんイベントに参加していきます!

  • Staff
ページの先頭へ